20210126_163512.jpg

​​単行本

​​哲学・思想、社会問題から海外文学まで。幅広いジャンルの書籍を出版しています。

​​雑誌『POSSE』

『POSSE』は日本で唯一の若者による労働問題総合誌として、2008年9月に創刊しました。NPO法人POSSEのスタッフが中心となり制作。労働・貧困問題をテーマに、現状、政策から文化までを論じています。

20201105_120220.jpg

​​雑誌『KOKKO』

「国(くに)」と「公(おおやけ)」を現場から問い直す情報誌

​​最新情報

​​新刊のご案内

042知への恐れ-01.png

知への恐れ

ポール・ボゴシアン 著

​2021年12月24日発売

3,300円


ポストモダンの相対主義・構築主義が影響力を高めている。もしこれが正しいとすれば、私たちは、聖書による創造説や天動説、ネイティブ・アメリカンの神話などを、現代科学と同様に妥当性を持つものとして扱わなければならなくなってしまう。
しかし、普遍的な事実は存在しないのだろうか? 知識は社会的に構築されたものに過ぎないのか?
本書では、リチャード・ローティ、ウィトゲンシュタイン、トマス・クーンらの議論を整理し、相対主義・構築主義の論理的な誤謬や矛盾を解きほぐしていく。アメリカ哲学界に論争を巻き起こし、マルクス・ガブリエルが「新実在論」の幕開けとして絶賛した名著。

043中動態の映像学-01.jpg

中動態の映像学

青山太郎 著

2022年1月31日発売

2,420円

酒井耕・濱口竜介、鈴尾啓太、小森はるか――
震災を記録してきた3組の作家たちの実践から、映像メディア理論の新境地を開く。

今日のメディア・テクノロジーは、世界のあれこれの出来事をほとんどリアルタイムに私たちに見せる一方で、それらを次々と処理していくことを同時に要求している。
そのなかで私たちは、日々膨大な情報に埋もれてしまい、眼前に存在する他者や未知の出来事をアクチュアルに見る能力を著しく低下させてはいないだろうか?
東日本大震災を記録した3組の「作家」たちの実践を通じて、「中動態」という概念を手がかりに他者と共生するための想像力の可能性を探る。

​(外部サイトへ遷移します)

​​オンラインストア

​​堀之内出版の直販サイトです。刊行されているすべての書籍のほか、限定グッズやサイン入り書籍など、ここでしか購入できない商品をご用意しております。1000円以上のご購入で送料が無料です。

​​雑誌定期購読

​​『POSSE』『KOKKO』の専用定期購読サイトです。決済はクレジットカードのみとなります。割引価格での販売です。

​​『POSSE』ホームページ

​雑誌『POSSE』の公式ホームページです。最新情報やバックナンバーの情報を見ることができます。

WEB版 雑誌『KOKKO』

「国(くに)」と「公(おおやけ)」を現場から問い直す情報誌『KOKKO』のWEB版公式アカウントです。 雑誌『KOKKO』の最新情報のほか、掲載記事の無料公開など、「はたらく」を考えるためのさまざまなコンテンツを発信していきます。